第6話【JICAでは語学力がどのくらい必要なの?】青年海外協力隊の活動とは?

【管理人プロフィール】

奥さん

奥さん
青年海外協力隊って、海外でボランティアするくらいだから英語ペラペラじゃないとなれないよね?
はかせ

はかせ
かもね~。だとしたらハードル高いよね。

JICA(ジャイカ)から派遣された青年海外協力隊の隊員は、単身で海外のある地域に入っていきます。

ですので、当然ある程度の語学力が必要になってきます。

どれくらい話せればいいのか、はたして英語だけでいいのか気になります。

この記事では【JICAの青年海外協力隊で活動する】には、「どれくらいの語学力が必要なのか」をご紹介します。

「ちょっと海外の支援活動は、自分にはハードルが高いかも」という方は、寄付で現場の活動を支えるという方法もあります。

>>>【寄付はどこがいい?】

青年海外協力隊の「語学力」は?

青年海外協力隊は、当然海外に行ってボランティアをしますから「語学力」は必要です。

でも求められる語学力のレベルは、参加するボランティアによってさまざまです。

まずはじめに、青年海外協力隊に応募する際に必要な語学力はそれほど高くはありません。

英語の場合で、中学校卒業程度(英検3級または、TOEIC スコアが330点)の語学力で大丈夫です。

青年海外協力隊では合格したあとに、派遣前の語学訓練があります。

そこでしっかり修得できるようにするための下地として、中学校卒業程度(英検3級または、TOEICスコア330点)の英語力が必要になるわけです。

なので青年海外協力隊に応募するかたは、まずは英検3級かTOEIC を受けましょう。

実際に派遣されたあとに必要な言語は、英語とは限りません。

ほとんどの活動において、派遣先で現地の人たちが使っている言語をつかいます。

ただこの点については、合格したあとにおこなわれる派遣前の訓練でしっかりと習得できます。
 

青年海外協力隊の一部の仕事では高い語学力が必要  

ほとんどのボランティアが、中学校卒業程度の英語力で応募できます。

でもさらなるレベルアップをどん欲に続けていくことは、かならず必要になってくるでしょう。

ボランティアによっては、はじめからかなり高い語学力を求められるものもあります。

ジャイカでは語学力の目安として、AからDまでのレベルで分けられています。

応募するときに、最低限必要な語学力がDレベルです。

【Dレベル】

日常会話ができる

・英検3級~準2級

・TOEIC 330点~500点

・CASEC(自宅受験型)450点以上

【Cレベル】

限られた範囲でコミュニケーションできる

・英検2級

・TOEIC 500点~640点

・CASEC (自宅受験型) 600点以上

【Bレベル】

どんな状況でもコミュニケーションがとれる下地がある

・TOEIC 640点~730点

・CASEC (自宅受験型) 700点以上

【Aレベル】  

充分なコミュニケーションができる

・英検準1級以上

・TOEIC 730点以上

・CASEC(自宅受験型) 750点以上

青年海外協力隊に応募する際には、かならず「語学力証明書」の提出が必要になります。

過去に取得したものも有効ですので、そのまま提出できます。

手元に資格を証明するものや、点数を証明する証明書がない場合は再発行できます。

TOEICは受験してから2年以内ですが、英検はどんなに前のものでも発行してもらえます。

まだ受験したことがない方や、受けたことがあるけど再発行が面倒な方は、パソコンから自宅受験できる資格があります。

しかも英検やTOEICなどは受験する日が決まっているため、青年海外協力隊の応募に間に合わないときがあります。

しかし自宅受験型のサイトであれば、いつでも受験できてしかも終了後すぐに結果をプリントアウトできます。

 CASEC公式サイト

 GTEC-CTE-LR公式サイト

これらの自宅受験型の語学サイトでの点数も、十分に応募する資格を得ることができます。

奥さん

奥さん
英検3級なら私もってるよ!
はかせ

はかせ
意外と応募する時点での語学力は、高くなくても大丈夫なんだね。

「ちょっと海外の支援活動はハードルが高いなあ」という方は、寄付で現場の活動を支えるという方法もあります。

>>>【寄付はどこがいい?】