【NPO・NGOに就職したいけど求人ある?】新卒で仕事したいならインターン!

【管理人プロフィール】

奥さん

奥さん
姪っ子が大学卒業したら、NPOかNGOで国際協力の仕事がしたいらしいんだけど、就職状況はどうなのかな?

ハカセ

ハカセ
NPO・NGOは即戦力が欲しいから、たしか新卒採用はほとんどなかったような。。。

 

一昔前までは、大学生が卒業したら一流企業に就職したいというのが当たり前でした。

収入を追い求めて出世競争に参戦して、心をする減らすだけが人生ではないと感じる若者が増えてきたのか、社会貢献や国際協力を仕事にしたいという大学生が増えています。

収入は一般企業に比べてかなり少ない場合がほとんどのNPO・NGOですが、学生の就職希望を受け入れることはできているのでしょうか?

この記事では【NPO・NGOの就職と求人の状況について】ご紹介していきます。

NPO・NGOに就職したくても求人はない?

近年、一般企業ではできない「やりがい」や「社会貢献」を求めて、NPOやNGO団体へ就職を希望する学生が増え続けています。

以前はかなり少なかった求人ですが、日本国内での活動が中心であるNPO団体ではここ数年で募集が増え、新卒を雇用するNPO団体もでてきています。

でもこれが国際協力をおもな活動としているNGOとなると、求人は減ってしまい新卒採用はほとんどないといっていいでしょう。

NPO・NGOともに資金面で常に苦労をしいられていますから、新卒の学生を育てるという金銭的余裕も時間的余裕もなく、とにかく即戦力が必要なのです。

日本国内の民間の国際協力NGO団体は400以上ありますが、新卒採用はほとんどおこなっていないのが現状です。

世界のために働こうとしている若者が増えているのに、これではとてももったいないですよね。

なんとか新卒や経験の浅い学生でも、NGO団体に就職する方法はないかをつぎの章で見ていきましょう。

それでもNGOに新卒で就職する方法とは?

NGO団体は資金面でけっして楽ではないため、経験のない新卒の学生を育てるのはなかなか難しく求人募集もほとんどありません。

でも一般企業でもよくおこなわれている、【インターンシップ】という働き方ならNPOやNGO団体でも募集がけっこうあります。

【インターンシップ】というのは、学生が就職活動をする前に企業で実際に仕事を経験できる、職場体験的な労働です。

一般企業でも同じですが採用する側の企業としては、どこの馬の骨かも分からない人を雇うよりも、1年でも2年でも一緒に働いて、その学生の人となりが分かっているほうが、雇用しやすいです。

メリットはインターンをする学生のほうにもあって、実際の現場で働くことで、入社してから「こんなはずじゃなかった。」というズレを無くせます。

新卒採用のないNGO団体でも、経験豊富だがどんな人か分からない人よりも、1,2年同じ職場でインターンで働いてくれていて、あの学生となら一緒に働いていきたいと感じることがあるはずです。

とにかく相手のふところに入り込んで、情熱と行動でNGO団体で働いている人の心をつかみとる作戦です。

もちろんあまいものではありませんから、インターン生という意識は捨てて、すでに所属しているNGO職員にかじりつく?へばりつく?ような気迫の働きを見せる必要があるでしょう。

国際協力の世界に飛び込もうとしている若者らしい、自分の働く場所の見つけ方だと思いますがいかがでしょう。

NPO・NGOのインターンがダメならアルバイト!

長期のインターンまではちょっとという方は、NPO団体のアルバイトを体験してみることをおすすめします。

国際協力NGO団体のアルバイトなどは、時給1500円~1800円とかなり高額のものもあります。

仕事内容は、NGO団体の支援プログラム(寄付)に入ってもらうために、ショッピングモールやイベント会場などでPR活動をします。

時給のいいアルバイトはやはりそれなりに難易度が高いですが、2,3人でチームを組んでやるのでなんとかやり切ったときの達成感は、ほかのアルバイトと比べて高いです。

NPO・NGOに就職したいけど求人あるの? まとめ

「NPO団体」ではここ数年で募集が増え、新卒を雇用するNPO団体もでてきています。

しかし国際協力をおもな活動としている「NGO」では、求人は少なく新卒採用はほとんどありません。

ただ【インターンシップ】という働き方なら、NPOやNGO団体でも募集がけっこうあります。

しかしNPOやNGOで活躍するだけが、社会貢献・国際貢献ではありません。

もちろんあきらめる必要はありませんが、今すぐ出来ることとして「寄付」というカタチもあります。

>>>【寄付はどこがいい?】