【ワールドビジョンのチャイルドスポンサーシップとは?】充実感のある寄付ってなに?

【管理人プロフィール】

奥さん

奥さん
ワールドビジョンって有名なの?
ハカセ

ハカセ
知る人ぞ知るNGO団体です。

 

「ワールドビジョン」は、1950年に設立された国際協力NGO団体で、ユニセフほどの知名度はないものの、寄付に関心のある方にはかなり知られた団体です。

その「ワールドビジョン」がおこなっている寄付の中に、一風変わったものがあり、それが「チャイルドスポンサーシップ」と呼ばれているものです。

「チャイルドスポンサーシップ」は、1人の子供に1人のスポンサー(寄付者)だけが担当するという寄付の形です。

一般的な寄付ですと、お金を渡したあとは団体スタッフを信じて任せるのみです。

寄付したあとに実感を求めるのもおかしな話ですが、その後のようすが分からないのでピンとこないのも事実ですよね。

「チャイルドスポンサーシップ」では、1人に子供を担当するのはあなた1人になるので、その後の手紙やメールのやりとりはあなただけができます。

定期的送られてくる「子供の成長の記録」を見ることもできますし、実費にはなりますが「現地に会いにいくこと」もできます。

1人の子どもとつながる支援プログラム

この記事では【ワールドビジョンのチャイルドスポンサーシップ】について、くわしくご紹介していきます。

「ワールドビジョンってなに?」

「ワールドビジョン」は、ボブ・ピアスというアメリカ人によって設立された国際協力NGO団体です。

その内容は、「開発援助」や「緊急人道支援」などを行うものです。

ボブ・ピアスは、より多くの人を助けたいという思いで、1950年9月にアメリカ、オレゴン州で「ワールドビジョンの活動」を始めました。

その始まりは、私たち日本人にとっても比較的みじかな朝鮮戦争で親を亡くしてしまった子どもたちや、ハンセン病などにかかっている人に支援する活動から始まりました。

現在は、子供たちが健やかに成長することが出来る世界を目指して活動しています。

>>>【ワールドビジョンの評判は?】

「チャイルドスポンサーシップとは?」

「チャイルドスポンサーシップ」では、子どもの成長を考えながら、「毎月4500円」の寄付で教育、保健衛生、経済開発など支援活動を約15年かけて実施します。

スポンサー(寄付者)は、約15年続けなければならないわけではありません。

もちろん続けれるに越したことはないですが、続けるのが難しくなった場合にはすぐに退会できます。

そして貧しい暮らしをしている、子供たちの人生を変えていきます。

「チャイルドスポンサー」になると、年に1度支援している子供の写真付きの成長報告の手紙が届きます。

他にも、支援している子供と手紙を送り合ったり、支援地を直接訪問して支援している子供に会うこともできます。

1人の子どもとつながる支援プログラム

「チャイルドスポンサーシップによって変わる事は?」

貧困地域で、普段貧しい暮らしをしている子供たちは朝から晩まで働いています。

朝から晩まで働いていますから、当然学校に行ったことがない子がほとんどです。

仕事から帰ってきても、食べる物はほとんどありません。

そんな厳しい生活ですが、1人でもチャイルド・スポンサーになる人が現れれば、ご飯を食べれる子供が増えます。

その他にも、「水・衛生」や「教育」などの支援をすることができますし、少しずつですが子供たちの生活を変えることが出来ます。

>>>【ワールドビジョンの評判は?】

ワールドビジョンの「チャイルドスポンサーシップ」とは?  まとめ

「チャイルド・スポンサー」として支援することで、貧しい子供たちの生活を変えることが出来ます。

決して大きく変わるわけではありませんが、子供たちの命を守り夢を持つことができる可能性が高まります。

ワールドビジョン設立者のボブ・ピアスも言っています。

「すべての人々に何もかもはできなくとも、誰かに何かはできる」

その言葉通り、「1人の支援者が1人の子供をサポート」していければ、かなりの数の貧しい国の子供は救えるはずです。

そしてこの「チャイルドスポンサーシップ」は、寄付する側にとっても貧しい国の子供と直接やりとりできるというメリットがあります。

1人の子どもとつながる支援プログラム