【ワールドビジョンって何?】「一風変わった寄付」ってどんな感じ?

【管理人プロフィール】

世の中には、たくさんの支援団体が存在していますよね。

特に有名で多くの方が知っているのは、「ユニセフ」や「国境なき医師団」「UNHCR」などでしょうか。

「ワールドビジョン」は、寄付や支援に関心のある方はご存知の方も多いでしょう。

でも寄付に関心のない方は、ワールドビジョンのことを知らない人も多いのではないでしょうか。

実は「ワールドビジョン」は、歴史も古く寄付や支援のやり方も一風変わっています。

チャイルドスポンサーシップ」といって、長期にわたって「1人の子供」を「1人の支援者」が支え、手紙のやりとりなどをしながら成長を見守るシステムです。

1人の子どもとつながる支援プログラム

この記事では【ワールドビジョンとはどんな団体】で、 「どんな活動をしているのか」をご紹介します。

>>>【チャイルドスポンサーシップとは?】

「ワールドビジョン」とは?

「ワールドビジョン」は、1950年に設立された国際NGO(政府に属さない国際協力団体)です。

設立者がアメリカ人宣教師だったこともあり、キリスト教団体と思われがちですが宗教色はなく、ワールドビジョンの職員の信仰もバラバラです。

>>>【宗教団体なの?ワールドビジョンの実態とは?】

 

じつは日本も戦後の苦しい時に、ワールドビジョンの支援を受けています。

そして現在では、支援する側となり1987年に「ワールドビジョン・ジャパン」が設立されています。

「ワールドビジョン」のかかげるメッセージの中に、「この子を救う、未来を救う」という言葉があります。

自分一人が頑張ったところで、一生涯かけても救える子供の数は知れています。

その無力感におそわれて、結局なにも出来ていないという方もいるのではないでしょうか。

でもあなたが助けた一人子供が、また違う子供を助けていってくれれば、初めは小さかった行動が大きな広がりを生みます。

この子を救う、未来を救う」は、大人一人一人が、自分の目の前の子供に集中して支援するだけでも、きっと未来には大きな収穫につながるという「希望の言葉」です。

ワールドビジョンの「一風変わった寄付」とは?

つぎに、「ワールドビジョン」の一風変わった寄付について見ていきましょう。

ワールドビジョンの一番の特徴と言えば、 「チャイルドスポンサーシップ」という支援方法です。

毎月4,500円の継続的な支援をすることによって、寄付をする支援者は世界の貧困地域の子供1人と、「1対1の交流」が出来るようになります。

ただ1対1とは言っても、寄付したお金が直接そのチャイルドに渡されるわけではありません。

支援自体は、集まった寄付をその地域全体の子供たちのために使います。

でも1対1で、その子供と「手紙のやりとり」をしたり「スポンサーになれる」のは、子供1人に対してあなた1人だけです。

ですから、まるで遠い国に親戚が出来たような特別な気持ちが生まれます。

>>>1人の子どもとつながる支援プログラム

ワールドビジョンは「信用」できるの?

「ワールドビジョン」に限らず、どのような団体の寄付でも、ちゃんと貧しい国の子供に届けてくれているのかという疑問は残ります。

「ワールドビジョン」では、毎年の「会計報告」をホームページからいつでも誰でも見ることができます。

また「認定NPO法人」でもあることから、国税庁や東京都へも事業報告書などを提出していますし、内部での監査だけでなく、外部機関からの監査も受けています。

「ワールドビジョン」って何? まとめ

「ワールドビジョン」は大手の国際NGO団体ですが、ただ寄付を集めるだけでなく、支援者にとってもサポートすることに対する「充実感」を味わえる工夫をしていますね。

大きな支援をおこなうことは、誰にとっても難しいことです。

でも目の前の子供一人をサポートすることで、数珠つなぎでサポートの輪が広がって、「未来を救う」ことにつながっていきます。

ワールドビジョンの寄付は、「楽しみながら」そして多くのことを寄付する側も「学びながら」続けることができる支援と言えます。

1人の子どもとつながる支援プログラム