【ユニセフへの悪評は本当なの?】日本ユニセフ協会の評判が悪いのはなぜ?

奥さん

奥さん
ユニセフ」って、結構ひどいこと書かれてるけど、これって本当なの~?
ハカセ

ハカセ
ちょっと調べてみるよ!

みなさんは「日本ユニセフ協会」に対して、ネット上でさまざまな「悪評」が流れていることをご存知ですか?

日本ユニセフ協会」は、募金で集めたお金で、「貧しい暮らしの子供たちを支援をする団体」ですよね。

そんな立派な事業をおこなっている団体が、なぜネット上で「悪評」が多いのでしょうか?

私は以前「ユニセフ」に寄付をしていましたが、現在はしていません。

でもこれは「悪評」を信じたからではなく、ユニセフよりも「寄付してみたいな」と思える団体を知ったからです。

一般的な寄付」では、寄付したあとの事はよく分かりませんよね。

ワールドビジョンの「チャイルドスポンサーシップ」という寄付では、厳しい環境にいる「海外の子供1人と自分だけの交流」が続いていきます。

特定の子供と、「手紙のやり取り」や誕生日カードのやり取り」が始まります。

さらに自己負担ですし、ハードルは高いですが「現地への訪問」までできます。

たとえ現地に行けなくても、遠い異国に親戚の子供ができたような感覚があります。

飽きっぽい私でも、「充実感」をもって続けることができている珍しい寄付です!

興味のある方もない方も、以下の「セニャンちゃんのストーリー」をぜひご覧ください。

➤➤➤1人の子どもと1対1の支援プログラム

 

さて、話がそれてしまいましたが、「ユニセフへの悪いウワサ」についてでしたね。

この記事では【日本ユニセフ協会の悪評は本当なのか?】について検証していきます。

日本ユニセフ協会に対しての「悪評」とは? 

日本ユニセフ協会に対する「悪評」は、その種類も量もかなり多いです。

まずは、どんな「悪い評判」がたっているのかを見ていきましょう。

※「日本ユニセフ協会の反論」は、記事の後半にまとめてあります。

「日本ユニセフ協会は勝手にユニセフを名乗っている」

ネット上では「日本ユニセフ協会」と「国連ユニセフ」は別もので、「日本ユニセフ協会は詐欺団体である」という書き込みが多く見られます。

日本ユニセフ協会には「ユニセフ」という名称がついているが、「国連ユニセフ」の日本事務所ではないという書き込みもあります。

他には、「東京の一等地に豪華なビルを建てる必要があるのか」といったものもあります。

「募金の約2割は職員の給料になっている?」

ネット上には、集めた募金の約2割を「ピンハネしている」という書き込みがあります。

そして日本ユニセフ協会が、募金の使い道の詳細を「報告していない」という書き込みもありました。

他にも「高級住宅に住んでいる職員もいるけど、いくら給料もらっているの?」という、給料についての書き込みも多数ありました。

「アグネス・チャンは募金で豪邸を建てた?」 

アグネス・チャン」は豪邸を建てるほどのお金があるのに、「なぜそれを募金しようと思わないの?」という書き込みがあります。

他にも、アグネス・チャンが募金先にあげている日本ユニセフ協会は、募金の「約81%しか本部に送っていない」などの書き込みもありました。

➤➤➤【寄付はどこがいい?】

 

「悪評」に対する日本ユニセフの「反論」は? 

それでは次に、「悪評」に対する「ユニセフの反論」を見ていきましょう。

・まず「日本ユニセフ協会は、勝手にユニセフを名乗っている」という悪評に対しては、

国連ユニセフ本部と「協力協定」を結んでいる

と反論しています。

他の国でも、国連ユニセフ本部と「協力協定を結んでいる自国の組織」が、その地域での活動をおこなっています。

ですから「日本ユニセフ協会」は、国連ユニセフ本部と協力協定を結んでいて、日本でのユニセフ公式窓口であることは間違いないようです。

 

・「募金の約2割は職員の給料になっている?」という悪評に対しては、 

日本ユニセフ協会の「事務運営費」と「人件費」の合計は、「全体の2,5%」(約0,25割)

と反論しています。

おそらく募金の「8割」だけ国連ユニセフ本部に送っているので、残りの「約2割」を「職員の給料に充てているんじゃないか」という意見でしょう。

実際には「約2割」のほとんどが、「さらなる募金活動」や、「広報」「人材育成」にあてられています。

日本では「広告」や「広報」に資金をあてることを嫌がる人が多いですよね。

しかし実際には、「広告」によってより多くの寄付金を集めることができます。

集まったお金を「全額そのまま」援助する国に送金するよりも、「広告」や「広報」にもあてたほうが、レバレッジが効いて結果的に「寄付金総額」が増えます。

日本人は欧米に比べて、「投資」に対する教育がかなり少ないことも、大きく影響していると思われます。

しかし本当に大切なことは、「より多くの寄付金」を困っている人たちへ届けることですよね。

国連本部へ「寄付金総額の8割しか送っていない」という意見に対しても、少々見方を変える必要があります。

じつは国連ユニセフ本部へ、定められているはずの「8割以上の寄付金」を送っていない国も多いのです。

それに比べて、「日本ユニセフ」は律儀に、当たり前ではありますが、8割以上の寄付金を送っています。

➤➤➤日本ユニセフ公式サイト

 

・「アグネス・チャンは募金で豪邸を建てた?」という悪評に対しては、

皆様からお預かりした募金が、アグネス・チャンさんを含むユニセフ親善大使の報酬には決してなりません

と反論しています。

実際にこのウワサが本当なら、とっくに逮捕されているのではないでしょうか。

今のところ、そのようなことは一切起こっていません。

親善大使などが「間違いなく豪邸に住んでいる」という件についても、「募金」で豪邸を建てていたら大問題です。

しかし、その人達が「本業」で稼いだお金の使い道であれば、他人がああだこうだ言うのはおかしい気がします。

 

・「日本ユニセフは募金を中抜きしている?」という悪評に対して、

毎年20%弱を広告や広報活動に充てて、80%以上をユニセフ本部に拠出しています。

と反論しています。

「日本ユニセフ協会」のユニセフ本部への「送金額」は、世界トップレベルで、募金総額の「80%以上」です。

さらに寄せられた寄付を、少しでも多く支援活動に生かすために、「経費削減」に取り組んでいます。

毎年20%弱を「広告」や「広報活動」に充てて、より多くの寄付金を生み出しています。

欧米では当たり前の方法ですが、日本では「自分の寄付金100%」を支援地域に送ってほしいと考える人が多いです。

先にも書きましたが、「本当に大切なこと」は、より多くの寄付金を支援地域に送ることですよね。

そして少しでもはやく、「安心できる生活」を手に入れてもらうことです。

私は現在「ユニセフ」ではなく、「特定の1人の子どもに届く寄付」に参加しています。

悪評」の影響ではなく、こちらの支援に「充実感」を感じているからです。

興味のある方もない方も、以下の「セニャンちゃんのストーリー」をぜひご覧ください。

➤➤➤1人の子どもと1対1の支援プログラム

 

ユニセフへの「悪評」は本当なの? まとめ 

日本ユニセフの「悪評」を見てきましたが、日本ユニセフは、活動に利用されたお金の使い道がすべてわかる「収支報告書」を、ユニセフの公式サイトから誰でも見れるようにしています。

ただどうしても、こういう慈善事業をおこなっている組織というのは、叩かれるのが常です。

ですから「日本ユニセフ協会」は、より細やかな部分にまで、無駄を無くしていく努力は永遠に必要でしょう。

何を信じたらいいのか」、分からなくなる時もあるかと思います。

しかしそうやって悩んでいる間も、厳しい環境の子供たちの苦しい生活はつづいていますし、明日への命の保証はありません

「いますぐ行動!」ですね。

私は現在「ユニセフ」ではなく、「特定の1人の子どもに届く寄付」に参加しています。

こちらの「1人の子供とつながれる支援」に「充実感」を感じているからです。

興味のある方もない方も、以下の「セニャンちゃんのストーリー」をぜひご覧ください。

➤➤➤1人の子どもと1対1の支援プログラム