ワールドビジョン

【胡散臭い?ワールドビジョンの評判】を探るべく、過去の活動を徹底検証!

奥さん
奥さん
「ワールドビジョン」ってユニセフとかと違って、あんまり聞かない団体だよね?
はかせ
はかせ
そう、知る人ぞ知る団体なんです。

「ワールドビジョン」は、1950年にアメリカで生まれた国際協力NGO団体です。

【チャイルドスポンサーシップ】という、支援する側も充実感が得られる寄付を展開しています。

私も参加しているこの寄付は、遠い世界の厳しい環境で生きている子供(チャイルド)1人を、支援者1人がサポートし交流する「新しい寄付のカタチ」です。

その子との「手紙のやりとり」も、あなただけの特権です。

その手紙や写真などで、定期的に「その子の成長」を知ることができます。

さらに自己負担ではありますが、その子がいる国へ現地訪問することもできます。

現地まではさすがに行けないという方も、遠い異国の地に親戚の子供ができたような感覚を味わえます。

この寄付は、こちらから与える以上に与えられるものが多いと感じています。

➤➤➤1人の子どもと1対1の支援プログラム

 

しかし「その寄付はちゃんとチャイルドに届けられているのか」「団体が私腹を肥やしていないか」という気持ちも少なからずあるのではないでしょうか。

実際に「寄付という善意」を悪用するような団体も少なからず存在するからです。

そこでこの記事では【ワールドビジョンの評判】を過去の活動から徹底検証していきます。

 

ワールドビジョンの「活動」とは?


「ワールドビジョン」は、1950年にアメリカのオレゴン州で設立された国際協力NGO団体です。

チャイルドスポンサーシップ」という、寄付をする側にも充実感が得られるシステムを提供しています。

なぜ充実感が得られるかというと、「支援を必要としている国の子供1人」を支援者1人(あなただけ)が受け持つからです。

厳密に言えば、支援者の寄付したお金が直接子供1人へ送られるわけではありません。

それでは「その場しのぎ」のお金の使い方になってしまうからです。

実際には、「その子のいる村や地域単位での支援」となり、その地域環境を良くすることで支援する子供の生活も向上していく仕組みです。

ただ支援している子供1人と、「手紙」や「バースデーカード」のやりとりをおこなえるのは、支援している方1人となります。

私はチャイルドスポンサーシップに参加して4年目となります。

そしていつも感じるのは、支援している子供の「成長の早さ」です。

自分が行った事もない遠い国に、親戚の子供が1人増えて、その成長を支えているようなうれしさがあります。

またワールドビジョンでは、「チャイルドスポンサーシップ」のほかにも、開発援助・緊急人道支援などをおこなっています。

じつは1960年代には、日本の子供たちも支援を受けたことがあるそうです。

戦後の日本が、世界の色々な国にいる人達に助けられていた事は、今ではほとんど語られることはありませんよね。

自分たちのチカラだけで、豊かな国になったような気でいるのは、恥ずかしいことなのだと思いました。

➤➤➤【1人の子どもとつながる支援プログラム

 

ワールドビジョンは現在、世界の約100ヵ国で宗教・人種・民族・性別に関係なく、世界のすべての子供がすこやかに生きれるように活動しています。

世界の約100ヵ国に事業所があり、日本では1987年からワールドビジョン・ジャパンが活動しています。

【2020年のワールドビジョン・ジャパンの活動を表す数字】

・総事業数 33ヵ国で154事業

・開発援助事業数 25ヵ国で84事業
 そのうち、チャイルドスポンサーシップ事業数 21ヵ国で48事業

・緊急人道支援事業数 14ヵ国で70事業

・チャイルドスポンサー数 49,381人

・チャイルド数 59,050人

・チャイルドからスポンサーへの手紙 約12,800通

・チャイルドスポンサー以外の募金者数 17,200人

・連携企業、団体数 2,920社・団体

・イベント開催数 全国23回

・職員数 81人(嘱託・アルバイト6人含む)

・海外派遣、駐在スタッフ数 9人

・ボランティアスタッフ数 241人

 

ワールドビジョンの「評判」はどうなの?

ワールドビジョンについていろいろと調べてみても、悪い評判はほとんどでてきません。

ですので、あとはワールドビジョンの日本事業所である、ワールドビジョンジャパンの今までの活動から探っていこうと思います。

ワールドビジョンジャパンの活動が、怪しいものでないかを見極めるうえで、以下のことが参考になります。

「国から認定NPO法人に指定されていること」

ワールドビジョンジャパンは、日本国から「認定NPO法人」として認められています。

じつは「NPO」と名乗ることはどんな団体でも可能です。

しかし「NPO法人」となるには、所轄庁というところの審査をクリアすることが必要です。

そしてさらに「認定NPO法人」となるには、より審査が厳しく、国税庁と東京都から認定を受ける必要があります。

「認定NPO法人」の割合は、すべてのNPO法人約5万団体のうちの2%もないほどです。

認定基準をクリアするには、活動内容・情報公開などが明確であることなどハードルは高いです。

ワールドビジョンジャパンはその認定基準をクリアしているわけです。

さらに「認定NPO法人」であることは、寄付する人に大きなメリットがあります。

それは、寄付することでかなり税金が優遇されることです。

収入にもよりますが、私は去年1年間で、6万円寄付して1万4千円ほど返ってきました。

2割以上も返ってきているのでかなり大きいですよね。(最大で4割ほどになる場合も

私にとって、ワールドビジョンジャパンが「認定NPO法人」であることが、信頼できるかどうかの大きな判断基準となりました。

➤➤➤【1人の子どもとつながる支援プログラム】

 

ワールドビジョンジャパンの「活動をチェックする」には?

ワールドビジョンジャパンの活動を見極めるうえで、もう一つ参考となるものが以下になります。

「決算報告書」と「監査報告書」を公開していること

ワールドビジョン・ジャパンの公式サイトで、数年分の決算報告書監査報告書が公開されています。

すべての人が寄付のゆくえを確認できるので、不正することはかなり難しいはず。

仮に不正があれば、「認定NPO法人」からはずされて、今までのような寄付は集まらなくなります。

このように「決算報告書」と「監査報告書」をすべての人がチェックできる点も、ワールドビジョンジャパンを信用できる一因になるかと思います。

ワールドビジョン・ジャパンの「活動と評判」は? まとめ

ワールドビジョンジャパンの評判について、ネットなどを調べてみても批判的なものはほとんど出てきません。

そこで私自身がワールドビジョンのチャイルドスポンサーシップを利用してみました。

現在4年目ですが、ネパールの女の子と手紙やお互いの家族写真のやりとりが続いています。

はじめ5歳だった女の子が今年で9歳になります。(当たり前ですね。笑)

くわしくはこちらの記事をどうぞ⇒【寄付はどこがいい?

 

また客観的な判断材料としては、以下のことがあげられます。

「国から認定NPO法人に認定されていること」

「決算報告書と監査報告書を公式サイトですべての人に公開していること」

そして「チャイルドスポンサーシップ」に参加している方のために、Facebookグループが用意されているので、疑問に思ったことを共有できます。

ただやはり「100%信用できる団体」などというものは、NPO団体に限らず無いと思います。

ですのでこれらの情報をもとに、常に私たち支援者が目を光らせていることが大切ですね。

➤➤➤【1人の子どもとつながる支援プログラム】

 

管理人プロフィール