赤い羽根共同募金

【やっぱり怪しい⁉】赤い羽根共同募金の闇や使い道を徹底検証!

奥さん
奥さん
赤い羽根募金に寄付するなら問題ないよね?
はかせ
はかせ
どこに寄付するにしても、自分でしっかり調べるようにしたほうがいいです。

 

第二次世界大戦後の1947年に、国民助け合い運動として始まった「赤い羽根共同募金」。

赤い羽根がシンボルとなっている募金で、日本の法律によって管理されている募金団体です。

知名度抜群の赤い羽根共同募金ですが、その活動への不満や疑問なども聞こえてきます。

そこでこの記事では【赤い羽根共同募金は怪しい団体なのか?】を寄付金の使い道から徹底検証していきます。

 

赤い羽根共同募金の使い道は?

それでは、年間約170億円以上も集まる「赤い羽根共同募金の使い道」について見ていきましょう。

まず、赤い羽根共同募金は「計画募金」という方法がとられています。

寄付を受けたい事業者を募集して、それによって募金目標金額を決定。

各都道府県ごとに募金をおこなって、集めた募金は原則その集めた場所で利用されます。

募金期間は毎年10月~3月と決まっていて、募金目標金額を市町村で分担して集めています。

日本の全市町村に共同募金会があるので、地域の小さな障害者団体やお年寄りの会にもお金が届けられています。

赤い羽根共同募金の使い道をくわしく知る方法としては、赤い羽根データベース「はねっと」というサイトが便利です。

日本全国の市区町村での募金の使い道が、こと細かく掲載されています。

赤い羽根共同募金全体での、令和元年度の募金の使い道は以下の通りです。

 高齢者12,408件3,415,992,990円
 障害児・者9,187件1,954,904,172円
 児童・青少年9,411件1,752,589,431円
 課題を抱える人2,781件1,462,678,191円
 その他15,488件6,284,629,434円
合計49,275件14,870,794,218円

これを見ると募金の多くが、高齢者や障害者のための社会福祉団体への助成金として使われていることが分かります。

また「はねっと」から分かる、地域への助成金利用例は以下の通りです。

「助成金利用例その1」

募金の種類歳末たすけあい
活動の名称ふれあいサロンわくわく森田クリスマス会
活動の目的その他の地域福祉支援
団体名ふれあいサロンわくわく森田
活動の対象高齢者全般
住民全般
活動のテーマ・分野その他の地域福祉
活動の機能・形態交流・イベント
活動内容の補足事項ふれあいサロンわくわく森田クリスマス会
助成金の使途資料購入費
材料等購入費
光熱費

【共同募金助成額】15,540円

【利用人数】 33人

【活動場所】明石市

 

「助成金利用例その2」

募金の種類赤い羽根共同募金(広域)
活動の名称送迎・作業用車両整備
活動の目的社会福祉施設支援
団体名ファーストステップ
活動の対象障害児者全般
活動のテーマ・分野障害者福祉
活動の機能・形態備品・機器・車両整備
活動内容の補足事項車両
助成金の使途車両購入費

【共同募金助成額】1,570,000円

【利用人数】 20人

【活動場所】東京都施設内

 

赤い羽根共同募金が怪しいと言われるのはなぜ?

募金方法が半強制的

赤い羽根共同募金は、他の募金とは違って、学校や町内会・自治会でなんとなく当たり前のように徴収されたという人も多いのではないでしょうか。

ちょっと疑問に思いながらも、「これはみんなが払うもんなんだよね。」という空気に流されてしまいますよね。

私が住んでいる所の自治会でも、赤い羽根共同募金の時期になると、1口300円で各家庭で赤い羽根が何口いるかを記入する回覧板がまわってきます。

私は他の団体に毎月寄付しているので、赤い羽根募金には毎回ゼロと書いて回覧板を次にまわしています。(笑)

やはりこの集め方が気に食わない人たちが、過去に裁判を起こしている事例もあります。

キチンとお願いすれば、こころよく払ってくれる日本人がほとんどのはず。

払うのが当たり前のように要求されると、違和感を覚えて払いたくなくなる人が多いようです。

NHKの受信料と同じニオイがしますね。

過去の横領事件

滋賀県近江八幡市社会福祉協議会で、赤い羽根共同募金など118万円が不明となる。

後日、50代の女性職員が横領していたことが判明し懲戒解雇された。

女性は安土支所で募金管理を担当していた。

宮城県岩沼市で、平成20年21年の赤い羽根共同募金の中から約500万円を、岩沼市社会福祉協議会の担当課長が横領。

社会福祉協議会は担当課長を懲戒解雇とし告訴。

その後、不起訴処分で刑事責任に問われませんでした。

税金の横領も許せませんが、一般市民の善意で集められた赤い羽根募金の横領はさらに許せない行為ですね。

赤い羽根共同募金は怪しい? まとめ

赤い羽根共同募金は、社会福祉法という国の法律の中で活動している団体ということでした。

募金期間も決められていて、10月~3月の間だけなんですね。

各都道府県ごとに募金をおこなって、集めた募金はその集めた場所で利用されます。

日本の全市町村に共同募金会があるので、地域の小さな障害者団体やお年寄りの会にもお金が届けられています。

おおむね素晴らしい活動をしているのは間違いないようです。

しかしどうしても悪い評判というのは目立ってしまいますよね。

過去の関係者による寄付金の横領事件は数件あります。

あとはどうしても赤い羽根の場合、募金の集め方に疑問を抱く人が少なくありません。

多くの一般市民から集める以上は、赤い羽根の活動内容について、もう少し興味を持ってもらえる伝え方ができるといいですね。

管理人プロフィール

 

 

寄付はどこがいい?

「寄付先ってたくさんあるから、どこにしたらいいのか迷う。。。」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方へ信頼できる寄付先をいくつかご紹介します。