将来への悩み

【人の役に立つ仕事・人のためになることは?】人の役に立ちたい方必見!

【管理人プロフィール】

あなたはときどき、「自分の仕事が本当に人の役に立っているのかな?」と感じることはありませんか?

どんなに仕事が忙しくても悩みがあっても、「人に感謝されたり頼りにされているな」と感じる瞬間はうれしいですよね。

でも「いま自分がやっている仕事はどうなんだろう?」「もっと人の役に立つ仕事をやるべきなんじゃないか。」

そんな風に感じる方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、今よりもっと人の役に立ちたいという方へ、【人の役に立つ仕事・人のためになること】について紹介していきます。

 

そもそも「すべての仕事」は人の役に立っている

さて、ふだん仕事をしていて、「こんなこと誰かの役に立っているのかな。。。」と感じてしまうという人は多いかと思います。

しかし、そもそもあらゆる仕事はすべて人の役に立っています。

たとえ大きな企画やプロジェクトでないとしても、飲食業の接客や街の清掃作業、上司の書類をコピーする作業でも、助かっている人が必ずいます。

そして今のあなたの仕事も例外ではありません。

ではなぜ「もっと人の役に立つ仕事がしたい」という悩みが生まれるのでしょうか。

それは以前よりも、社会にある仕事が多様化してきたこともあるでしょう。

そのため今就いている仕事よりも、もっと人の役に立てる仕事があるのではないかと考え始めるのかもしれません。

それ自体はまったく悪いことはないんですけどね。(笑)

人は関わる人から認められたり、感謝されたりすることで、幸福感を得て生きがいを見出すことができるようにできています。

ですので、いま現在ちゃんと仕事をしているのに、もっと人の役に立つ仕事をしたいと考える方は、

・「今より人から直接感謝される仕事がしたい

・「もっと人を助けていると強く実感できる仕事をしたい

という方が多いのかもしれませんね。

人の役に立ちたいがすぐに仕事はやめられない。。。

「いま現在やっている仕事では、人の役に立っている実感が得られない。」

「でもすぐには仕事を変えることは出来ないな。。。」という方も多いのではないでしょうか。

かく言う私も同じでした。(笑)

ただ先にも書いたように、役に立っている実感が得られないあなたの今の仕事でも、かならず助かっている人はいます。

なのに実感が得られないのは、直接助かっている人を見たり、言葉をもらったりする機会が少ないからでしょう。

そうなると、あなたの「承認欲求」が満たされないため、人の役に立っていると感じることができないわけです。

それならば、直接感謝の言葉をもらえそうな接客業につけば良さそうですよね。

たしかに仕事に慣れれば、頻繫に「ありがとう」と言われて、すぐに承認欲求が満たされるでしょう。

しかしあなたが接客業が好きならば問題ないですが、あまり好きじゃない・むしろ苦痛だという場合には、いくら「承認欲求」が満たされても長続きしないはず。

なぜなら承認欲求は満たされていても、つぎは「自己満足度」が低い状態だからです。

人の役に立っていると実感しながら、しっかり仕事を続けていくには、承認欲求自己満足度の両方が満たされている必要があるわけです。

道理で難しいわけですね。(笑)

承認欲求を満たすだけなら、とにかく感謝の言葉を直接聞ける仕事につけばクリアできそうです。

しかし自己満足度も同時に得ようとすると、あなたの好きなこと・やりたいことを仕事にする必要があります。

好きなこと・やりたいことが見つからないという方は多いですよね。

そこで一度ここで視点を変えてみましょう。

仕事ではないカタチで、承認欲求と自己満足度を得る方法として有効なのが「寄付」です。

どこに寄付するかにもよりますが、間違いなく感謝されるので承認欲求は満たされます。

そして日本にはお金を儲けたい人はたくさんいますが、寄付をする人は他の国に比べてかなり少なめです。

にもかかわらず、あなたは困っている人のためにお金を出すわけですから自己満足度もかなり高いです。

寄付は承認欲求も自己満足度も満たされ、人の役に立っていると強く実感できるんです。

正直言うと、私は40歳になるまで「寄付」などまったく興味がありませんでした。(笑)

寄付しても感謝のメールが1通来るだけで、その後も寄付してる実感がわかないしな。。。」と思っていたからです。

しかし調べているうちにたまたま見つけたのが、世界の厳しい環境にいる「子供1人とやりとりする寄付」でした。

1950年から活動しているワールドビジョンという認定NPO法人で、戦後の日本も支援してもらっていました。

そのワールドビジョンがおこなっている「チャイルドスポンサーシップ」という寄付は、1対1のマンツーマン寄付です。

厳しい環境で暮らす外国の子供1人を、寄付する人(自分)1人がマンツーマンで支援します。

まずはその子(チャイルド)とその家族の写真、住んでいる地域の情報がたくさん送られてきます。

そして手紙や写真をやりとりしているうちに、その子の成長を実感することができます。

まるで遠い異国の地に、親戚の子供ができたような感覚です。

さらにその子が生活している現地へ訪問することもできます。

➤➤➤1人の子どもと1対1の支援プログラム

寄付金控除が適用されるので寄付額の2~4割ほどが戻ってきます。

 

人の役に立つ仕事がしたいけど、すぐに今の仕事を辞められないという方は、仕事ではないカタチで行動してみてはいかがでしょうか。

人の役に立つ仕事ベスト5!

ここからは、やっぱり今の仕事以外で人の役に立つ仕事に就きたいという方のために、「人の役に立つ仕事ベスト5」をご紹介していきます。

① 医師・看護師(医療系の仕事)

「健康な精神は健康な肉体に宿る」という言葉がありますよね。

健康な体でいることで、前向きに物事を考えることができたり、人生を豊かにすることにつながっていきます。

深刻な高齢化が進んでいる昨今の世の中で、健康寿命の重要性がさらに高まっています。

病気やケガで苦しむ患者さんと接して、身体上の問題を解決する医療現場の仕事は、まさに人の役に立つ仕事の代名詞です。

② スポーツ・芸術分野における仕事

人の役に立つというのは、何も困った人を助けることに限ったものではありません。

自分の努力や才能によって積み上げられた力や技術、成果物を世の中に出すこともおおいに人の役に立つ仕事です。

感動や勇気を与えることができる「スポーツ・芸術分野」に関わる仕事などです。

特にこのような仕事は、自分の好きなことを仕事にしている人が非常に多いです。

好きなことをして生きている人は魅力的ですし、多くの人にプラスの影響を与えることができます。

③ 最新分野における仕事

近年、「デジタル化」「AI」「ロボット工学」「ブロックチェーン」といった最新分野に注目が集まっています。

その発展のスピードは、今後もさらに加速していくでしょう。

世の中はより便利で効率的に生活し、生きていける世界へ向いています。

人類が今までできなかったことを、どんどん生み出していける最新分野においては、人や社会に求められている仕事ができるのではないでしょうか。

④ 士業「弁護士・税理士など」

知識や経験を生かして、人や会社をサポートすることができる「資格業」も人の役に立つ仕事だと言えます。

自分の専門分野や得意分野を作り、問題を解決し、より良い状態を作ることができれば、人や会社にとって必要不可欠な存在になることができます。

ただし最近は、資格を保有するだけで仕事ができるというものではなくなってきています。

信頼を勝ち取るために、業務をしながら経験を積み、継続的に知識やスキルを積み重ねていく必要があります。

⑤ 公務員などの公的な仕事

国、都道府県、市町村の住民のために働くことができる「公務員」なども多くの人の役に立っています。

保育園で子供の面倒を見てくれる「保母さん」なども公務員です。

日本の社会制度や医療制度は、世界各国の中でも優れたものです。

また他国と比較して「非常に治安のいい国」と言っていいでしょう。

私たちの平和で健康な生活は、公務員の方々の日々の仕事によって成り立っています。

人の役に立つ仕事ってなに? まとめ

じつは一見誰にでもできるような簡単な仕事であっても、必ず誰かの役に立っているものです。

ではなぜちゃんと仕事をしている人達の中で、多くの人が「もっと人の役に立つ仕事をしたい」と感じるのか。

それは「人の役に立つ仕事がしたい」というよりも、人のためになっていることを実感できる仕事がしたいということのようです。

そして確かに上の「人の役に立つ仕事ベスト5!」であげたような仕事であれば、人の役に立っている実感が得られやすいでしょう。

ただその感じ方は人それぞれです。

医者や先生でも、人の役に立っている実感が得られていない人もいます。

その仕事をどう感じるかはやってみないと分からないですからね。

また「人の役に立つ仕事ベスト5!」にあげたような仕事につくのは、なかなか難しいというのも確かです。

そのような方は、視点を変えた人の役に立つ行動を検討してみてください。

例えば、仕事ではないカタチで有効なのが「寄付」です。

どこに寄付するかにもよりますが、あなたの承認欲求も自己満足度も満たされ、人の役に立っていると強く実感できるはず。

私は40歳になるまで寄付などまったく興味なく、「寄付しても感謝のメールが1通来るだけだしな。。。」と思っていました。

しかし調べているうちに、世界の厳しい環境にいる「子供1人とやりとりする寄付」を見つけました。

1950年から活動しているワールドビジョンがおこなっている「チャイルドスポンサーシップ」という寄付は、1対1のマンツーマン寄付というのが特徴です。

厳しい環境で暮らす外国の子供1人を、寄付する人(自分)1人がマンツーマンで支援します。

まずはその子(チャイルド)とその家族の写真、住んでいる地域の情報がたくさん送られてきます。

そして手紙や写真をやりとりしているうちに、その子の成長を実感することができます。

まるで遠い異国の地に親戚の子供ができたような感覚。

ハッキリと人の役に立っていることが実感できる取り組みです。

➤➤➤1人の子どもと1対1の支援プログラム

寄付金控除が適用されるので寄付額の2~4割ほどが戻ってきます。

 

 

 

【寄付はどこがいい?】

「寄付先ってたくさんあるから、どこにしたらいいのか迷う。。。」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方へ信頼できる寄付先をいくつかご紹介します。