テラルネッサンス

【怪しい?】テラルネッサンスの評判は?寄付してもいい?鬼丸氏とは?

 

奥さん
奥さん
テラルネッサンスってどんな団体なの?
はかせ(管理人)
はかせ(管理人)
くわしく見ていきましょう。

 

テラルネッサンスは、平和教育・地雷・小型武器・子ども兵の問題に取り組む国際協力NPOです。

ウガンダ、ブルンジ、コンゴ、カンボジア、ラオスにおいて、これらの問題解決に取り組むプロジェクトを実施しています。

とは言え、本当にテラルネッサンスが寄付して大丈夫な団体なのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では【テラルネッサンスの評判について】寄付したことがある方の口コミから検証していきます!

 

テラルネッサンスの活動内容は?

テラルネッサンスでは、おもに内戦・紛争などで使用される地雷小型兵器の撤去をおこなっています。

また、同団体が本格的に支援活動を行っている、コンゴ、カンボジア、ラオスなどで未だに蔓延する、子供を対象とした徴兵の解決に奮闘する認定NPO法人です。

海外での活動

テラルネッサンスがおもにおこなっている活動を1つ例に挙げると、ウガンダ北部での元子ども兵の社会復帰プロジェクトです。

1980年代後半から、20年以上に渡り続いた反政府組織「神の抵抗軍」と政府軍との紛争では、多くの死者を出し、同時に膨大な子ども兵も生み出しました。

男の子は戦闘の最前線へと駆り出され、女の子は強制結婚させられたりしました。

多くの元子ども兵の精神や肉体にも大きな爪痕をのこし、それは現在でも教育・経済的問題につながっています。

テラルネッサンスは、2005年より駐在スタッフを派遣し、食費・医療費などを支援しています。

また職業訓練、個別カウンセリングを通して、元子ども兵士達の収入の増加・心のケアにつながっています。

それがコミュニケーション能力の向上となって自尊心を育み、社会的自立につながる成果を上げています。

日本での活動

テラルネッサンスでは、日本から遠く離れた地で起きている真実を伝える講演会を、年に130回ほどおこなっています。

団体が目標に掲げる「全ての生命が安心して生活出来る社会」を目指す活動の1つです。

いまだに存在する武力による争いによる惨状を伝えることで、自分たちに出来ることを考えてもらっています。

このほかにも、東日本大震災の被災地復興支援など活動は多岐に渡ります。

テラルネッサンスへの悪評は?

男性
男性
テラルネッサンスの方々に質問です。

あなた方は少年兵撲滅を謳っておきながら、日本国内の陸上自衛隊高等工科学校に対して、なぜ声を上げないのですか?

お金をもらっているのですか?

それとも偽善ですか?

引用元・ヤフー知恵袋

テラルネッサンスへの良い口コミ評判は?

男性
男性
世界で起こっている事の原因が、私にもあると気付いた。

そして、私が変わることで世界が変わると思うようになった。

引用元・Goi Peace

 

男性
男性
遠くの国で起こっていることではなく、毎日の生活の中に関係していることだということに気づかされた。

引用元・Goi Peace

テラルネッサンスの鬼丸氏とは?

テラルネッサンスは、世界から兵器を無くし、誰もが安全で平等に暮らせる世の中を目指しています。

そんなテラルネッサンスの代表・鬼丸昌也氏とはどのような方なのでしょう。

1979年福岡県生まれの鬼丸氏は、高校在学中にスリランカのサルボダヤ運動創始者である、アリヤラトネ博士から「常に物事は変化する。相手も自分も全て変わっていく。だからあなたを含めた全ての人には変化を起こす力がある。自分にもその力があると信じなさい。そうすればおのずと世界は変わる。」との言葉から平和に対する意識を高めます。

※サルボダヤ運動・・・世界から飢餓・争い・無知・病気の根絶を目指すことを決意した、アジア地域最大のNGOを基礎とした社会活動

そして阪神・淡路大震災の被災地で出会ったボランティアクルーとの縁で、2001年の大学四回生の時に初めてカンボジアに訪問。

現地の惨状や人々の生活を目の当たりにしたことから、テラルネッサンスを設立することに。

同年10月に同団体を設立して以来、地道に多くの企業や行政などで講演会をおこなっています。

また著書の発表と合わせて、平和問題を訴えかける活動もおこなっています。

遠い国での出来事を身近に感じさせる講演には定評があります。

漠然とした世界平和を祈るのではなく、「今、自分に出来ることは何か?」と啓発させることで、改めて平和に対する意識を高める講演に共感の輪が広がっています。

テラルネッサンスは寄付してもいい団体か?

認定NPO法人である

認定NPO法人とは、平成24年4月1日から実施された制度です。

組織活動や事業内容が適切かつ公益性が高いとみなされ、一定の基準をクリアしていることを条件に、所轄庁から認定されるNPO法人のことを指します。

認定の基準には、情報開示、所轄庁への事業報告書の提出、経理の適切さなどが定められています。

また法令を遵守した活動と、組織内の透明化が義務づけられるため、寄付金の不正利用や、使途不明金で支援者が不安におちいることもありません。

また認定NPO法人には、支援の拡大を目的とした税制上での優遇措置があります。

個人が寄付した場合は、所得控除又は税額控除のどちらかを選択することで、所得税の減税の措置を受けることが可能です。

認定NPO法人になると、税の優遇措置によって寄付金が集まりやすくなります。

継続して支援活動をおこなうための財源が確立されるため、社会的信用につながる運営をしなければなりません。

不正行為や法にそむいた運営をすれば、組織の死活問題にも発展します。

ですのでそういった意味でも、テラルネッサンスは信頼における団体だと言えます。

 年度の活動内容と会計報告を公式サイトで公開している

認定NPO法人の基準で定められている通り、テラルネッサンスは年度の情報開示にも積極的に取り組んでいます。

2020年度の年次報告書では、支援対象各国での活動成果や、変化の推移がレポートされています。

詳細に記載された決算内容と、成果報告とを照らし合わせることで、今後解決しなければならない問題への意識が高まることでしょう。

また活動内容を透明化することで、支援地域の現状を把握し、寄付金が役に立ったという実感にもつながっています。

テラルネッサンスの評判は?怪しい? まとめ

テラルネッサンスに関して、特別怪しいと思われるような口コミは見当たりません。

代表の鬼丸氏の講演会を聞いて、自分事として世界の問題を考えれるようになった方も多いようです。

団体設立時からブレない活動を続け、会計報告書も公開していますので、寄付して問題ない団体と言えるでしょう。

 

テラルネッサンス以外で興味深い団体は?

テラルネッサンスなどの一般的な寄付では、その後にどのように、誰の役に立ったのかちょっと分かりにくいですよね。

例えば、ワールドビジョンのチャイルドスポンサーシップという寄付では、厳しい環境にいる「海外の子供1人寄付者(自分)だけの交流」ができます。

さらにちょっとハードルは高いですが、その子供が住んでいる「現地への訪問」も可能。

飽きっぽい私でも、充実感をもって4年間続けることができています!

➤➤➤1人の子どもと1対1の支援プログラム

※チャイルドスポンサーシップでは寄付金控除が適用されるので、寄付額の4割ほどが戻ってきます。

 

 

管理人プロフィール

寄付はどこがいい?

「寄付先ってたくさんあるから、どこにしたらいいのか迷う。。。」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方へ信頼できる寄付先をいくつかご紹介します。