人生の悩み

何をしても楽しくない40代50代へ!つまらない人生を脱する方法は?

 

はかせ(管理人)
はかせ(管理人)
こんにちは!管理人のはかせです。今回は、何をしても楽しくないと感じる40代50代女性向けです。

 

40代・50代にもなると、なんだか何をしても楽しくないという時がありませんか?

今までの自分の生き方が悪かったんだと、自分を責めてしまう女性もいるようです。

しかしそれは決して、自分の生き方の問題だけではありません。

そこでこの記事では【何をしても楽しくない40代50代女性へ】つまらない現状を脱する方法についてご紹介していきます!

 

何をしても楽しくない40代50代女性とは。。。

体が重くて何をするにもおっくう

女性が40代50代になってくると、体がだるくて疲れやすく、朝起きてもスッキリしない事が多くなってきます。

ネットで調べると、必ず出てくる理由が「更年期」ですよね。

「イライラする」「記憶力の低下」など当てはまる事も多いのですが、そんなにひどくないし、病的にツラいわけでもない。。。

でもちょっと座ってしまうと、掃除、料理の支度などを面倒に感じてしまうことも。

「もしかしてどこか悪いのかな?」と考えると、どんどん悪い方向へ考えてしまうのもよく無いところです。

一般的にこの年代になってくると、なんと8割の人が体の不調を感じるようです。

誰に会っても楽しくない

悩みを相談したいわけではないけれど、人に会っておしゃべりするだけで元気が出ることってありますよね。

しかしそう思って誰かと会っておしゃべりしてみたけど、暗い気持ちになってしまうことも。

スーパーのよく顔を合わせる店員さんとおしゃべりしたほうが、まだマシだったなんて時もあります。(笑)

40代50代女性が何をしても楽しくない原因は?

女性特有の体の変化

先にも書きましたが、閉経前後5年で現れる「更年期」という不定愁訴が原因かもしれません。

ちなみに不定愁訴(ふていしゅうそ)とは、はっきりした原因がないのに感じる体の不調
という意味です。

更年期とは言いきれないまでも、この年代に多い体の変化による不調が、何をしても楽しくない原因になってしまっているのではないでしょうか。

やりたくないことを我慢しすぎたせいでマヒしている

40代50代の女性は当然ながら立派な大人です。

自分の中でそう考えて、そうあるべきと思い生活していると、「やりたくない。」という言葉を自然に封印してしまう人が多いです。

やりたくないけど、「やらないのは無責任」「子供じゃあるまいし、やらないと言えない」「立場上やらざるをえない」など。

そのうち、本当は断ってよいものまで頑張ってしまっているのではないでしょうか。

そうなると、何が楽しくて何が楽しくないのかさえ分からなくなってきます。

子どもの自立や親との死別での喪失感

男女に限らずですが、40代50代になってくると、普通の生活の中で一年一年大きな変化が起きやすくなります。

「昨日元気だった祖母が急に倒れた。」などは誰にでも考えられることですが、いざ自分が急にその事態になったら。

その時は、なんとかしなければという強い気持ちがありますが、ちょっと一息ついた時に来る喪失感は想像以上に大きいものです。

大丈夫と思っていても、心と体はダメージを負っているものです。

この喪失感が、じきに無気力に変わり、何をしても楽しくない状態になります。

また今までは追われていたはずの、子どものためのお弁当作り、食事の用意、掃除、洗濯など。

これが子どもが自立したとたんに、急に自分の自由な時間となります。

自分が自分以外の人のために、多くの時間を使っていたことに、この時になって気付かされます。

しかしいざ時間を与えられてみると、何をしたら楽しいのかが分からなくなっていたりします。

40代50代女性が何をしても楽しくない・つまらない時は?

元気が出てくるまでゆったり過ごす

「何かやらなければ」という気持ちから、何もしないでのんびり過ごすことは罪悪感がともないます。

ましてや、家族がいる家のソファーで一日中ボーっとして動かなかったら、「大丈夫?具合悪いの?」と言われかねません。

ゆったり過ごすのが苦手になってしまっている40代50代の女性は、まずそのプランを考えておくことをおすすめします。

ゆったり過ごす時に、○○してみよう!と考えてみませんか。

ただ、プラン作りに苦労する人も、多くいるかもしれませんね。

でも考えるだけでも意外と楽しいものです。

ゆったり過ごす=家で過ごすだけではないので、行ってみたいカフェのチェック、ゆったり一人で買い物でもいいのではないでしょうか。

やりたくないことは極力やらない

「自分がやりたくないことをまったくやらなかったら、家族が生活出来ない!」

そんな気持ちで暮らしている女性も多いのではないでしょうか。

しかしちょっと目線を変えて、やりたくないことをうまく減らせる方法を見つけることが最善策です。

うまく手抜きをすれば、時短にもなり、自分の時間が作り出せます。

例えば、

・Yシャツのアイロンがけ → クリーニングに出す

・買い物 → ネット宅配を利用

・料理 → 惣菜、コンビニも賢く利用

などネットにも、手抜き・時短で検索すると、色々見つかるので、自分にあった手抜き法を見つけるといいのではないでしょうか。

40代50代女性が何をしても楽しくない・つまらない人生から脱する方法は?

つまらないと言わないようにしてみる

朝起きた時や疲れた時に、「はぁ~」というため息や、「つまらない」と思うことも増えてませんか。

自然に口から出るのが生活習慣になっている人は、自分の力で言わないようにしてみましょう。

子どもに「あなたはダメな子よ」と育てるより、「えらいね~」「よくできたね~」と言って育てるほうがいいのは、育児書を読んだことがある人なら知っているでしょう。

それと同じように、自分にも否定的な事は言わないように意識してみるだけで、少し気持ちが変わります。

この少しが大事なんです。

ガーデニングなど一人でコツコツやれることをする

まずは一人で始められそうなことに取り組んでみてはいかがでしょう。

一人で始めれば、やめたくなっても誰にも気を使いませんしね。

興味がなかったけど、やってみたらハマってしまったなんてこともありえます。

例えばアプリゲームなんかまったくやったことがなかったけど、無料だしやってみたら、
毎日やるのが楽しみになったという50代女性もいます。

女性の場合は対戦ゲームではなく、何かを集めたり、農園を作ったりするようなゲームのほうが、楽しくコツコツ出来るのでおすすめです。

もちろん実際の庭で、ガーデニングをするなんてのもいいですね。

出来そうなボランティアに参加してみる

ボランティアなんかもいいですが、自分にはちょっとという女性も多いでしょう。

でも自分の時間ができてくる40代50代にボランティアを始めれば、今後長く自分の人生の糧になるかもしれませんよ。

以前、人の役に立つ仕事をしてみたかったなという女性は、ボランティアに参加してみるのがおすすめです。

異国の貧しい子どもに継続的な寄付をしてみる

日本は欧米ほど寄付が一般的ではなく、大金を持っている人が善意でするイメージでした。

しかし東日本大震災以降は、日本でも寄付に対する意識が大きく変わっています。

少額の寄付でも誰かを救うことはできますし、寄付した自分にも変化が現れますよ。

ぜひ寄付について自分なりに調べてみて、興味を持ったところに寄付してみるといいですよ。

寄付はどこがいい?おすすめは?信頼できる団体は?寄付金控除とは?「寄付はどこがいいか?」について、私の寄付体験から信頼できる団体をご紹介しています。寄付金控除についてもくわしく解説しています。...

 

何をしても楽しくない40代50代がつまらない人生を脱する方法は? まとめ

40代50代女性の何をしても楽しくない状態は、年齢による体調の変化や、子どもの自立、親との別れなど多くの要因が関係しています。

ですので、何をしても楽しくないという状態が、自分の生き方が悪かったからというわけではないことが分かります。

まずは元気が出るまでゆったりと過ごし、やりたくないことは極力やらないようにしましょう。

また、言葉は現実化しやすいので、「つまらない」となるべく言わないようにすると、小さなことにも興味が湧いてくるはず。

楽しくない気持ちもまわりに伝染しますが、楽しい気持ちもまわりに伝染します。

あなたが元気でいれば、まわりもそれに引っ張られて明るくなり、またあなたも元気になるという循環が起きて人生が面白くなるはずですよ!

 

寄付はどこがいい?

「寄付先ってたくさんあるから、どこにしたらいいのか迷う。。。」という方も多いのではないでしょうか。

そんな方へ信頼できる寄付先をいくつかご紹介します。