人生の悩み

夢も希望もない40代男性へ!生きがいがない状態から脱する方法とは?

 

はかせ(管理人)
はかせ(管理人)
こんにちは!管理人のはかせです。今回は、夢も希望もない40代男性向けです。

 

20代30代と自分なりに頑張ってきたけれど、結局40代で夢も希望もないという男性も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では【夢も希望もない40代男性が生きがいを見つけるための方法】についてご紹介していきます!

 

忙しい方のために結論!

忙しい方のために結論を言うと、まずはワンパターンな生活から脱するために残業をやめること。

生きがいは、時間の無い状態からはなかなか生まれてきません。

そして次に、自分以外の人のために行動を起こすこと。

人のことはちょっとと思うかもしれませんが、自分を満たす以上の喜びがあったりします。

ボランティアするのはちょっとハードルが高ければ、貧しい国の子どもへ寄付するという方法もあります。

例えばワールドビジョンのチャイルドスポンサーシップという寄付。

厳しい環境にいる海外の子ども1人と、手紙写真のやりとりができます。

つまり毎月その子のことを、思い浮かべながら支援できるのでサポート出来ている実感があります。

さらにちょっとハードルは高いですが、その子が住んでいるところへ現地訪問することも可能!

支援した効果が実際に見れて、しかも本人や家族に会えるので、それが夢になっている支援者も多いです。

やっぱり寄付している手ごたえがあると、自己肯定感が高まって自信がつき、それがどんどん生きがいになっていきます。

➤➤➤1人の子どもと1対1の支援プログラム

寄付金控除も適用されるので寄付額の約4割ほどが戻ってきます。

 

夢も希望もない40代男性ってどんな人?

独身で彼女もいない

たとえ40代で人生があまり面白くなくても、結婚していたり彼女でもいれば、夢も希望もない状態までにはなりにくいですよね。

でも独身彼女もいない状況では、生きていてつまらない、夢も希望もないと感じても不思議ではないですよね。

結婚してるけど夫婦仲が悪い

せめて結婚でもしていれば、夢も希望もない状況までにはならないと書きました。

しかし結婚しているけれど、夫婦仲が悪く、家にいても全然気が休まらなかったら、そうとは言い切れないかもしれませんね。

会社でもストレス、自宅でもストレスでは、夢も希望もない状態になっても仕方ないでしょう。

離婚して孤独

20代30代で、結婚して家族のために仕事を頑張って…と生活をしていた男性でも、何らかの理由で離婚に至ることもあります。

離婚をする時には、それなりにお互いの家族を傷をつけることにもなるでしょう。

そしてそのあとに待っているのは孤独です。

そんな孤独が、夢や希望を見いだせない大きな原因になることは容易に想像がつきます。

夢も希望もない40代男性の日常生活は?

友人が少ない・もしくはいない

仕事中なら同僚や部下と適当な会話をしたりして、寂しさを多少はごまかせるかもしれません。

しかし仕事以外で友人が少ないもしくはいない場合は、プライベートな時間に会話は少ないでしょう。

いまの生活を続けるためだけに会社に行き、自宅では何をしても楽しくない。

しかもすでに40代というのでは、夢や希望もなくなるのも無理はありません。

曜日が分からなくなるくらい毎日おなじ生活

毎日仕事に行って、家に帰ってくるというだけの生活を送っていると、今日がいったい何曜日なのか分からなくなったりしますよね。

もはや繰り返しの生活自体が楽になってしまって、夢や希望を持つということも放棄しているかもしれません。

40代男性が生きがいを見つけるために心がけるべきことは?

頭より体を動かす

平均寿命が80を超える日本では、40代といっても人生の折り返し地点にすぎません。

折り返し地点で、夢も希望もないなんてちょっと寂しいのではないでしょうか。

マラソンでも折り返し地点の順位が、そのままゴールでの順位ということはありませんよね。

折り返し地点で1位の人が、そのあとリタイアしてしまうこともありますし、その逆も起こります。

そこで40代男性が、生きがいを見つけるために心がけたいことが、頭よりからだを動かすということ

頭で考えると、だいたい後ろ向きのことを考えてしまいます。

なので頭よりも体を動かして汗を流す。

体中に血をめぐらせたほうが必ず前向きになれます。

散歩でも草刈りでもいいので体を動かしましょう。

否定的なことを言わない

何かをするとき、夢も希望もない人は「でも…」と否定的な言葉が多いです。

「でも…」という言葉を「じゃあ…」に変えてみることから始めましょう。

夢も希望もない40代男性が生きがいを見つける具体的な方法は?

残業をやめて副業で稼げるようにする

会社と自宅だけの往復生活から脱するには、残業をやめるのが効果的です。

今の会社の指示に従って、残業を繰り返していると、本当にプライベートな時間がなくなります。

やはり夢や希望は、時間的にも金銭的にも余裕があるときに出てくるもの。

そこでおすすめしたいのは、残業をやめて副業で稼げるようにすることです。

残業をやめたら収入が少なくなると思われがちですが、そのぶんは副業で稼いでいきましょう。

たしかに始めは残業代より少なくなるかもしれませんが、継続すれば残業代をはるかに超えることもできます。

新しいことを始めてみると、自分でもこんなことが出来るのかと自信がつきます。

その気持ちが、夢や希望を持つキッカケになるはずです。

関連記事⇒【副業禁止の会社で副業する方法!

 

高級な楽器をはじめてみる

今の夢も希望もない現状を打破するためには、少なからず新しいところへ飛び出す必要があります。

そんな時におすすめしたいのが、高級な楽器をはじめてみること。

高級というところが一つのポイントです。

購入にお金をかけたのだから、楽器を使いこなせないともったいないと思うようになるからですね。(笑)

具体的な金額は、あなたが「高いなぁ。。。」と思う金額でいいです。

そしてそれを使いこなすために、習うところも探しましょう。

楽器の演奏は、誰かと一緒に練習することで、モチベーションを維持できるからです。

何でもいいので何か1つ続けてみると、人生が動き出し、自分のまわりに面白いことが起きはじめます。

貧困地域の子どもに継続的に寄付をする

40代で夢も希望もない男性は、世界の貧しい子どもたちに寄付をしてみてください。

すると、こんな夢も希望もないと思っていた自分でも、子どもを1人、2人と救うことができるんだと気が付きます。

自分の収入のほんの少し寄付するだけで。

夢も希望もなくただ働いて、お金を貯め続けるというのはちょっと虚しいですよね。

そこで夢があっても学校にも行けず、今日明日死ぬかもしれない子どもたちを支援してみる。

そして感謝されることを味わってみてください。

あなたの夢や希望が自然と湧いて出てきますよ。

関連記事⇒【寄付はどこがいい?

 

夢も希望もない40代男性でも生きがいが見つかる方法 まとめ

20代30代と何とか頑張ってきたけれど、40代の時点で、夢も希望もないという男性は意外と多いです。

20代30代で積み上げてきたことが突然崩れてしまった時に、40からもう一度やり直そうという気力が湧いてこないという気持ちも分かります。

でも現代での40代は、人生の半分を超えたくらいの人がほとんどです。

頭でばかり考えずに体を動かす。

そうすれば今までの経験があるので、20代30代の時よりも早く積み上げれるはずです!

また他人のために行動することも、今までにない喜びをあじわうことができます。

例えば、貧しい国の子どもたちを支援してみるとか。

ワールドビジョンのチャイルドスポンサーシップという寄付では、厳しい環境にいる海外の子ども1人手紙写真のやりとりができます。

毎月その子のことを思い浮かべながら支援できるので、普通の寄付よりサポート出来ている実感があります。

さらにちょっとハードルは高いですが、その子が住んでいるところへ現地訪問することも!

支援した効果が実際に見れて、しかも本人や家族に会えるので、それが夢になっている支援者も多いです。

やっぱり寄付している手ごたえがあると、自己肯定感が高まって自信がつき、それがどんどん生きがいになっていきます。

➤➤➤1人の子どもと1対1の支援プログラム

寄付金控除も適用されるので寄付額の約4割ほどが戻ってきます。

 

 

管理人プロフィール